米国株式投資によるセミリタイアを目指すブログ。たまに英語。

お金を一人でたくさん持っていても幸せにはなれない

2019/04/22
 
幸せ
この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手のため、英語スピーキング力を上げるために奮闘中。一方で、米国株への投資による経済的自由(FIRE)を目指している。

いよいよGWが近づいてきましたね。10連休はさすがに長すぎて、海外旅行に行くにも旅費が高すぎて、ってことで旅行に行くのは諦め、実家に帰ってゆっくりしようかなあと考えているところです。

 

最近節約をしていて感じること

 

私は支出を減らし、給料から高配当株式投資に回す金額を捻出し、配当を再投資していく」ということを念頭に生活をしております。そのため支出を出来る限り減らそうと日々考えて暮らしています。自分の支出の中で一番何が多いかというとそれはやはり食費(飲み会含む)でして、1食1,000円ほどの高いランチを出来るだけ避けたり、夕飯も外食はせず、出来るだけ自炊をするように心がけています。

 

 

まだまだ金融資産は約150万円程度ですが、毎月資産が増えていることを確実に実感しております。

 

 

しかし一方で、たまにこんなことを考えてしまいます。

 

 

「あれ、こうして一人で節約して金融資産増えるのはいいんだけど、これって幸せなのかな?」

 

(当方に彼女がいない寂しさからきた思考なのかとかはさておき、)

 

これはひとえに、「節約、お金を増やすことが目的化してしまっている」ことが起因するのではないかと考えています。何が言いたいかと言うと、あくまでお金というのは何か目的を達成するための手段であって、お金それ自体を増やすことで目的を達成する、あるいは幸せになれるものではないということです。

 

つまり、今自分が躍起になっていること(節約してお金増やして投資する!!)は、それ自体で自分を幸せにするものではないということです。

 

今まで20数年生きてきて、自分が幸せに感じる瞬間はお金が増えたときではなかったはずで、チームのメンバーと頑張って練習して野球の大会で優勝できた時とか、地道に勉強したTOEICが900点を超えた時とか、なんといっても家族や友人、恋人など自分の大切な人から認められたり、愛情を注いでもらったときに最も幸せを感じていたはずです。

 

たしかに節約や貯金、投資は大切ですが、その結果得られたアーリーリタイアで大切な人と過ごす時間が増えることだったり、お金が増えたことで自分の大切な人を幸せにすることが出来たときに、本当に自分が幸せに感じるのだと思います。

 

自分が本当に幸せに感じることを確認する

幸せ

私のように20代そこそこで投資をしていると、そもそも投資元本が少ないがために、色々な支出を削減するため、ある種我慢が必要な部分も多いと思います。投資にあたり、節約はとても重要なことではありますが、自分がそもそも節約・投資をした結果どのように幸せになれるのかを再確認した方が良いと考えています。

 

きっと「お金が増えること」それ自体が自分を幸せにする最良な方法である、という方は少ないのではないかと思います。あくまでその増えたお金で大切な人との時間を過ごすことが、自分が幸せであると感じる瞬間なのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

節約・投資それ自体を目的化しない

節約

節約・投資自体を目的化してしまうと、おそらく長期的に続けることは難しいと思います。節約をして投資元本を確保することはどうしても我慢を伴う行為であるため、自分にとって適切な範囲を見つけ、無理を感じない程度に続けていくことが重要だと思います。

 

そして自分が何とか作った投資元本を元に得たリターンを、自分の大切な人との時間に使う。それによって自分が幸福を感じることが出来る。この瞬間のために節約・投資を続けていくことが出来れば、楽しい投資ライフを過ごせるのではないかと思います。

 

私自身も投資元本を増やすことに躍起になり、大切なことを忘れていたと思います。

 

それは、あくまで自分を幸せにすることは大切な人との時間であって、金融資産が増加していることそれ自体ではないということです。自分の人生の中で大切なことを履き違えずに、今後も投資を続けていく所存です。

この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手のため、英語スピーキング力を上げるために奮闘中。一方で、米国株への投資による経済的自由(FIRE)を目指している。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はむのFIREムーブメント , 2019 All Rights Reserved.