米国株式投資によるセミリタイアを目指すブログ。たまに英語。

難易度の高い単語を覚えようとすることは間違いである~語彙力を高めるという本当の意味~

2019/04/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手のため、英語スピーキング力を上げるために奮闘中。一方で、米国株への投資による経済的自由(FIRE)を目指している。

マンションなのでそこそこ断熱がされていて、暖房を付けなくても部屋の温度が15度をキープしています(IKEA温度計)。でも何となく寒くて暖房を付けてしまいます。どうしたら節約できるかなあと考え、もう一枚パーカーを着ました。なかなか暖かいです。結局暖房付けましたが。

スポンサーリンク

語彙力を高めるという意味

自己紹介の通り、私はTOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手です。スピーキングが苦手な理由や対策をいろいろ考えておりますが、今日は「語彙力」という観点から考えてみたいと思います。

未熟ファイナンサーのプロフィール

 

私も含め、「語彙力を高める」と考えたときに行うことは「新しい(難しい)単語を覚えていく」こととほぼイコールかと思います。日本語でこう言いたい→英単語は何だろうという思考になるので、「知っている英単語を増やす」ことが「スピーキング向上」に繋がると結論付けることが多いですよね。私もそうです。

 

たしかに英検1級や、TOEIC満点に求められるような難しい単語を把握していれば、かなり高度な議論が出来るようになったり、それこそネイティブが読むようなTimesといった英字新聞も、ほとんど苦が無く読むことができそうですよね。実際、私も大学受験の時や、TOEIC900点取得後にはさらに難しい単語を覚えようと努力をしました。

 

スピーキングについても当然、たくさん難しい単語を知っていればその分上達するだろうな、と考えていました。

 

スピーキングが苦手なのは単語がわからないから?

 

そのため、スピーキングが苦手な理由のうち一つの仮説として、「単語がわからないから」「難しい単語を知らないから」というものを立てました。この仮説について、TOEIC公式が出している「TOEICスコアとコミュニケーション能力レベルの相関表」によると、

 

私の位置する860点以上は「ネイティブスピーカーの域には一歩隔たりがあるとはいえ、語彙・文法・構文のいずれをも正確に把握し、流ちょうに駆使する力を持っている」らしいです。また、複数のサイトによると、TOEIC900点取得に求められる語彙数は約10,000語とのことです。なお、日常的コミュニケーションに困らない語彙力は6,000語程度と言われています。

 

そうなってくると私が持つスコアを勘案すると、語彙数は「日常コミュニケーションに困らない」ほどの力を持っているはずです。しかし私はめちゃくちゃスピーキング困りますし、まだまだまだまだ自信ありません。しょっちゅう会話で止まっては身振り手振り作戦に切り替えたり、恥もめちゃくちゃかいてます。さんざんです。

 

上記より、「単語がわからないから」「難しい単語を知らないからという仮説は少し説得力に欠けるかな、と考えます。

 

国語の先生は少ない単語数でも英語を上手く話す

先生、授業

少し視点を変えてみます。英語スピーキングについてこんなことを聞いたことがあります。”国語の先生のような「日本語を上手く話す人」は、少ない英単語数でも上手く相手に伝えることができる。なぜなら、上手く伝えられない時の「言い換え」が得意だから。”

 

このことが示すのは、難しい言葉を操るのではなく、いかに誰にでもわかるような、簡単な言葉で物事を説明できるかが重要だということです。

 

実際、グローバルに働くという観点では、難しい単語よりも、簡単な単語を使って相手に説明する能力が重要であると最近は考えています。グローバルに働くとすると、相手は必ずしも英語ネイティブスピーカーであるとは限らないですよね。どうしても我々は英語というと、「アメリカ人」や「イギリス人」といったイメージをしがちでありますが、英語の話者は世界中にいます。

 

そして、世界には我々のように、外国語として英語を学び、日常ではほとんど英語に触れないものの、ビジネスで使うがために英語を必死に勉強しているような人々もたくさんいるわけです。

 

先日の韓国出張でも感じましたが、私たち日本人と同様に英語ネイティブではない人々との会話では、難しい言葉ではなく、誰でもわかるような簡単な言葉で説明する必要があると思います。

 

初の韓国出張!出張で感じた目指すべきスピーキングとは

 

我々日本人と同様に、英語を勉強して大変な思いをしながらも頑張っている人たちはたくさんいます。当然語源が英語と同じゲルマン語源の国に住む人々にとっては、多少は難易度は下がるのかもしれませんが、外国語を学ぶという大変さは変わらないはずです。こんなに英語で苦しんでいる我々だからこそなおさら、この気持ちは理解できますよね。笑

 

同じ外国語として英語を学ぶ者としては、できれば簡単な単語で説明してくれた方が助かるというのが正直なところですよね。笑

 

そうなるとやはり、グローバルに働くと考えたときには、難しい単語を覚えるよりも、簡単な単語を上手く使って説明したり、会話ができることの方が重要ではないかと思います。

 

スポンサーリンク

スピーキングで重要なことは英語の「運用力」

 

上記より、私に足りないものは英語の「運用力」ではないかと考えています。

ここで「運用力」とは、「知っている範囲の英単語を活用し、自分の伝えたいことを伝える力」と定義します。

運用力があれば、難しい単語を必要とせずに、誰に対してでも伝えたいことを伝えられるのではないかと考えます。

 

そしてここで重要となるのは、難しい単語よりも、類義語や反意語をより多く知っていることではないかと考えています。そうすることで一つの単語にたくさんの横のつながり、広がりができることになり、会話の中でもたくさんの言い換え、説明の幅を広げることができると思います。

 

現に私は生活の中でも、「頭がいいな~」と感じる人は、やはり例外なく、色々な方法で説明をすることができるという能力があります。それはどんなところから生まれるかと言えば、①その物事を100%理解していることと、②1つの物事をたくさんの言い換え方ができることの2点からきているのではないかと思います。

 

このことは、英語のスピーキングでも応用できることだと考えています。

 

いろいろな言い換えを知っていることで、相手に今一つ伝わっていない時に違う説明の仕方ができるようになり、英語ネイティブでない人とも円滑にコミュニケーションを取ることができると思います。グローバルにビジネスをすることが出来るようになりたい私としては、当分の目標を「運用力」を高めることとしたいと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は「語彙力」という観点からスピーキングを考えてみましたが、

 

結論としては難しい単語よりも、知っている単語の類義語や反意語を広げ、たくさんの言い換え、説明の仕方を可能にすることが重要であると考えます。そのことが、英語の「運用力」、ひいては「グローバル」な英語スピーキング力を高めることに繋がるのではないかと思います。

 

もちろんレベルの高い単語を覚えることで、学を感じさせるような会話を可能にすることは否定しません。当然目指すべき語彙力というのは高ければ高いほど良いし、そういった語彙力に憧れているというのが正直なところです。

 

が、

 

私はまだそのレベルにおりませんので笑、まずは流暢さを高めるべく、運用力向上に努めていきたいと思います。これまでいろいろと「どうしたらスピーキングが上手くなるか」ということを考えてきましたが、こと「スピーキング」に関して語彙力について考えれば、難しい単語をマスターするように努力をするのではなく運用力(簡単な単語を使いこなす)を高めるということは、一つの解になるのではないかと思います。

 

ご参考になりましたら幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手のため、英語スピーキング力を上げるために奮闘中。一方で、米国株への投資による経済的自由(FIRE)を目指している。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はむのFIREムーブメント , 2019 All Rights Reserved.