米国株式投資によるセミリタイアを目指すブログ。たまに英語。

投資に興味が出たら買う本。インベスターZは投資初心者におススメのマンガ

2020/05/06
 
インベスターZ
この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手のため、英語スピーキング力を上げるために奮闘中。一方で、米国株への投資による経済的自由(FIRE)を目指している。

ここ数日暑い日が増えてきて、街に出ると半袖の方も増えてきましたね。また身体作りを再開しようかな、なんて考えています。今日は株式投資に興味が出始めたな、と感じているあなたにオススメのマンガをご紹介します。

スポンサーリンク

私がオススメするマンガ

 

私がオススメする投資マンガは、こちらの「インベスターZ」です。私自身このマンガを読み始めたのはたしか積み立て投信を始めるか悩んでいた時期だったと記憶しているので、2017年の夏くらいではないかと思います。

このマンガを読むまでは株式投資なんて自分がやるものではないと考えていましたが、読了後、投資を身近に感じることができ、実際に投資を始めるに至りましたので、是非一度読んでみることをオススメします。

 

あらすじ

 

・舞台は北海道の中高一貫校、道塾中学・高等学校。
・ここに主人公の財前孝史が入試成績トップとして入学。
・野球部に入部しようとしていた財前が、野球部と名乗る先輩の後に付いていくと、図書館の地下室に連れて行かれる。
・そこにはなんと、中学1年生から高校3年生までの各学年成績トップの6人により成り立っている、道塾の「投資部」が活動していた。
・実は同塾は、投資部の生徒が運用する約3,000億円の総資産の運用益により経営されていたのだ!!
・財前は投資部の部員インベスターZとして、株式投資をスタートする。
・果たして財前の運命は、、、?

 

というような感じです。笑

中高生が学園の経費捻出のために3,000億円の投資を行っている点とかあらすじだけで突っこみたい点はありますが、そこはマンガですのでスルーして気楽に読みましょう。

私はONE PIECEのルフィがゴムゴムのレッドホーク(火拳)とかやっちゃってる方が100倍突っこみたいです。

 

なぜ投資初心者にオススメ?

 

このインベスターZは、主人公の財前が株式投資を始める際、お金の成り立ちという基本的な内容から勉強が始まります。このお金の成り立ちが意外と興味深く、ここから始まるとは私も思っていなかったので、本格的なマネーマンガであることが読み取れます。

 

身近な企業が物語に出てくる

まず一つ目ですが、このマンガの中ではセブンイレブンやロイヤルホストといった、私たちにも身近である会社が投資対象として例示されるため、投資を身近に感じることが出来ます。

 

ここでもし架空の企業やニッチな企業ばかり取り上げられていたら、ただでさえ身近でない株式投資が、さらに自分から遠のいていったと思います。その点インベスターZでは身近な企業が出てくるため、物語を読む上でも楽しむことが出来ます。

 

投資の用語、格言や著名人を学ぶことが出来る

そしてマンガの中では投資の用語(利確、損切り)や投資する際のマインド、投資の格言がふんだんに使われています。

 

また、投資の神様と言われるウォーレン・バフェット氏のエピソードが盛り込まれているなど、物語の中で自然に投資用語を学ぶことが出来るのです。

 

そのため、普段触れることのない投資で使われる用語に慣れることができるようになり、実際に投資を行う際の軽いウォーミングアップのようなことを体験することが出来ます。

 

自分でもできそうな気がしてくる

このマンガに出てくる登場人物は中高生です。たしかに彼らは学年トップの成績を誇るスーパー学生ではありますが、それを考慮しても、中高生でも投資をしていると考えれば自分でもできるような気がしてきます。笑

 

そして何より、物語を読んでいるうちに、物凄いリターンを上げている彼らの株式投資を見ていると、自分でも資産運用をしてみたいと思えてくるのです。

 

また、物語の中では財前のようなひたすらリターンを求める投資家もいれば、保守的でリスクを回避する投資家である渡辺(高2)もいるため、あなたがもしリスクを怖がるのであれば、渡辺のような投資家を目指してもいいわけです。

 

いづれにせよ、どんなリターンを求めるにしても投資家としての初めの一歩を手助けしてくれるマンガだと思います。私はこのマンガで株式投資を始めることを決意しましたので、是非お手に取って楽しんでみて下さい!!

 

実際に始める気になったらこちらをどうぞ。

【投資の始め方】GWで株式投資を始めよう!!

 

最終的には経済的自由を手に入れたいですね。

【凄すぎ!】憧れの経済的自由を目指して

この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手のため、英語スピーキング力を上げるために奮闘中。一方で、米国株への投資による経済的自由(FIRE)を目指している。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はむのFIREムーブメント , 2019 All Rights Reserved.