米国株式投資によるセミリタイアを目指すブログ。たまに英語。

単語運用力を高める勉強法とは?英語スピーキングに有効な勉強法

2019/04/05
 
Duo3.0単語帳
この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手のため、英語スピーキング力を上げるために奮闘中。一方で、米国株への投資による経済的自由(FIRE)を目指している。

 

先日、単語運用力について記事を書きました。

難易度の高い単語を覚えようとすることは間違いである~語彙力を高めるという本当の意味~

 

記載の通り、今後は英単語の「運用力」を高めていくことにフォーカスしていこうと考えております。また、そのための訓練を始めたところです。いろいろと方法を考えましたが、今はこの方法がしっくりきているので、ご紹介します。

 

まずは「運用力」のおさらいから。

「運用力」とは、「知っている範囲の英単語を活用し、自分の伝えたいことを伝える力」と定義します。

運用力があれば、難しい単語を必要とせずに、誰に対してでも伝えたいことを伝えられるのではないかと考えます。

ここで重要となるのは、難しい単語よりも、類義語や反意語をより多く知っていることではないかと考えています。

いろいろな言い換えを知っていることで、相手に今一つ伝わっていない時に違う説明の仕方ができるようになり、英語ネイティブでない人とも円滑にコミュニケーションを取ることができると思います。グローバルにビジネスをすることが出来るようになりたい私としては、当分の目標を「運用力」を高めることとしたいと思います。

記事より

 

スポンサーリンク

人生で1番お世話になっている単語帳

辞書、単語帳

 

というわけで、知っている単語の類義語や反意語をスムーズに紐づけできるような思考回路にしていくことを目指しています。これができるようになれば、会話中に「どうやって言うんだっけ・・・」と考える時間が減る(別の言い方ができる)、言いたいことをいろいろな方法で伝える力が付く(英語非ネイティブを含む世界中の人とコミュニケーションを可能にする)、といったメリットがあるのではないかと考えています。

 

 

そこで今、どんな方法で勉強しているかをシェアしておきたいと思います。こうやって勉強法を残しておけば、自分の仮説が正しいかのちのち確認できるかと思いますので、備忘ついでに記事にします。もしよろしければ試してみてください。

 

 

さて、私が人生で最も時間を費やし、カバンに入っている確率が非常に高く、1番お世話になった単語帳があります。初めて買ったのは高校生の頃の話ですから、かれこれ10年くらいの付き合いでしょうか。大学受験後に捨てなかった単語帳はこの子だけです。もうだいぶボロボロになりつつありますが、これからもまだまだ愛用する予定です。

 

 

その単語帳は、英語界隈の方はほぼ皆さんがご存知であろう単語帳ですが、「Duo3.0」です。

 

 

今更この単語帳の良さについて語るような野暮なことはしませんが、この単語帳のおかげで大学受験にも合格し、私のTOEICのスコアアップ、総合的英語力の向上に確実に寄与してくれていることは疑いようがありません。大学受験のときは毎日2回は復習用CDを聴きながらシャドーイング、その後TOEIC900点を目指していた時は何周もディクテーションをしましたし、今でも通勤中に聞き流しながら口パクしているので、もう何回再生されたのかわからないですね。笑

 

そんな私にとって恋人同然のDuo3.0ですが、「運用力」を高めようと方向転換したときから、本来おそらく想定されているであろう使い方ではなく、少々使い方を変更しております。

 

さて、その使い方とはどんなものでしょう?

 

運用力を高めるためのDuo3.0の使い方

 

今までのDuo3.0の使い方は、おそらく各種ブログで紹介されている方法と同様で、

  1. 復習用CDを何度も聴き、
  2. 英文を解釈、シャドーイングやリピーティング

といった感じで、特段変わった使い方はしておりません。おそらく皆さんと変わらずふつーに使っていました。

 

しかしDuo3.0の効果は絶大で、何度も聴いているとまるで歌を覚えるように、掲載されている英文を覚えることができました。聞き流すだけで英会話が出来るようになるなんて夢のような単語帳ではありませんが、何度も聴いて、口ずさんで、書いたり読み込んだり、辞書代わりに使っているうちに間違いなく英語の総合力が高まりました。これはめちゃくちゃ効果が高かったと今でも思います。ほとんど聴いて英文覚えただけですよ?笑

 

そのことが大学受験やTOEICスコア向上に大きく寄与したことは、先に述べたとおりです。この単語帳に出会っていなければ私は今ほど英語を好きになっていないし、これほどの実力向上を達成することは出来なかったでしょう。いやはや、Duo3.0には感謝感激雨アラレです。

 

ただし一方で、掲載されている英文しか覚えないことから、当時は類義語や反意語の習得は出来ていなかったと思います。Duo3.0でターゲットとされているのは当然見出し語のみですからね。(一部同じような意味の単語が収録されている違う英文で出てきたりしたので、そこは覚えてましたね)

 

そこで、運用力を高めるために、「例文中にある単語の入れ替え」による英作文を行っています。やっているとなかなか楽しいですよ。

どんなものか、順序立てて説明します。

 

 

Duo3.0単語帳

 

前提として、Duo3.0の単語帳はこのように例文が上部に、それぞれの単語が見出し語として左に青字、番号付きで表示され、和文が下に表示されております。特に見出し語については、ただの見出し語→日本語ではなく、辞書不要と言えるほど類義語や反意語、語源、おまけtipsが書かれています。このことが「運用力」を高めるために非常に有効です。わざわざ調べる必要がないですからね。

 

 

では早速使い方です。

①まず、英文を見ずに和文を読んで、音読します。Duo3.0を相当数取り組んだ方ならここは全く問題ないはずです。

 

上の画像で言えば、「10%の割引に加えて、無料のオプショナルツアーを一つ選択できます。」という和文を読み、

「In addition to a 10% discount, you can pick out an optional excursion for free.」と英文を読まずに音読します。

 

②次に、読んだ英文の単語を入れ替えて作文してみます。

 

上の例で言えば、

「Besides a 10% discount, you can choose an optional excursion for nothing.」とか同様の意味になるように作文します。

 

ここで入れ替える単語が思いつかない時に、見出し語の解説が非常に役立ちます。Duo3.0においては見出し語の類義語が豊富に記載されているため、すぐに確認することが出来るのです。このすぐに確認できるという点が非常に魅力的であり、「運用力」を高めるトレーニングに最適なわけです。さすが私の愛するDuo3.0ですね。ここらへんの気遣いがたまりません。

 

こうして一つの例文で、複数の伝え方を生み出すことが出来ました。まさしく「運用力」が必要になる勉強ですね。

 

運用力を高めることで得られる効果

会話、スピーキング

私は現在、この勉強法でDuo3.0を何周か回しているところです。だんだんと類義語がパッと出るようになり、語彙力に横の広がりが出たように感じています。

 

この「運用力」を高めることで得られる効果は相手に今一つ伝わっていない時に違う説明の仕方ができるようになり、英語ネイティブでない人とも円滑にコミュニケーションを取ることができることだと私は仮定しておりますが、これは今後続けていくことで効果が表れていくことを期待して勉強を続けたいと思っています。

 

まだまだこの勉強を取り入れて間もないですが、英会話の先生と話している際に「あ~これどうやって言うんだっけな」とかなった時に今までよりも早く思いつく(違う言い方も思いつく)ことが増えました。また、「この単語説明して」とか、「これ説明して」とか言われたときに、以前よりも間違いなく上手く話すことができるようになったと感じています。

 

正直まだ仮説の段階ですが、徐々に効果が出始めていることを実感しています。なのでしばらくはこのトレーニングを続けてみて、自分に出てくる効果を検証できればと思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手のため、英語スピーキング力を上げるために奮闘中。一方で、米国株への投資による経済的自由(FIRE)を目指している。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はむのFIREムーブメント , 2019 All Rights Reserved.