米国株式投資による経済的自立を目指すブログ。たまに英語。

レアジョブ英会話の評判・感想は?無料体験はできる?1年使ったTOEIC900ホルダーが解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーが海外駐在を目指すブログ。米国株への投資による経済的自由(FIRE)も目指している。

 

今回はレアジョブ英会話の評判・感想について。

 

英会話を上達させたいと考えたときに方法の一つとして必ず上がるのが、オンライン英会話ですよね。

 

価格も通学型の英会話教室よりもはるかに安く、自分の好きなタイミングで受講できることもあり、近年人気が高まっています。

 

気軽に始められるのは良いものの、実際のところ評判はどうなのか?やる価値はあるのか気になる方も多いと思います。

 

今回はそんなオンライン英会話業界の中でも必ず名が上がる「レアジョブ英会話」の評判・感想についてお話できればと思います。

 

 

私自身、オンライン英会話をよく利用していて、これまでにも数社のオンライン英会話を利用してきました。

 

それなりにオンライン英会話の使い方にも慣れていますので、参考になりますと幸いです。

 



 

そもそもオンライン英会話とは?レアジョブってどんな会社?

 

そもそもオンライン英会話を利用したことがない方のために簡単にオンライン英会話を一言で言うと、

 

オンライン英会話とは、スカイプ等のビデオ通話サービスを利用して、フィリピン人を中心とした講師と短時間(一般的には25分が多い)の英会話レッスンを受けること

 

であると考えて下さい。

 

特徴は、

 

  • いつでも受講可能:スクールに通う必要がなく、電波が通ってスカイプが使える環境であればどこでも受講できる
  • 料金が安い:通学型のレッスンと比較して破格の料金体系(1レッスン129円~)
  • 気軽さ:1回あたり25分程度で気軽に受講できる

 

といったところです。

 

日本にいるとそもそも英会話を行う機会を作ることが難しく、日常生活の中で英語を必要とするシーンがほぼないため、このように気軽に英会話を行う機会を作ることが出来るのは現代ならではですね。

 

レアジョブ英会話とは?

 

大手のオンライン英会話はいくつかありますよね。

 

パッとわかる限りでもDMM英会話、レアジョブ英会話、ネイティブキャンプなどなど。

 

その中でもレアジョブ英会話は2007年にサービスを開始しており、オンライン英会話を一般的にさせた最初のサービスです。

 

オンライン英会話としては唯一の上場企業で、かつ累計会員数は90万人以上です(2021年2月現在)

 

このように、レアジョブ英会話はオンライン英会話業界でも有数のサービスと言えます。

 

 

料金体系

 

レアジョブの料金体系です。

 

 

このように他社比較でも月額料金は安く、企業導入実績も群を抜いている信頼性の高いサービスです(私の会社も導入しています)。

 

そもそもオンライン英会話のサービスが安すぎて私もあらためてびっくりしていますが、そもそも英会話は毎日続けることが非常に重要であるため、このような料金体系で利用できるのは非常にありがたいですよね。

 

ちなみに講師を選ぶにあたっては、性別や年齢でスクリーニングをかけて、自分の好きな先生を選ぶことも可能です。

 

 



 

スポンサーリンク

どうしてレアジョブを選んだか?使った感想は?

 

 

冒頭の通り私もレアジョブ英会話の経験者です。2018年から1年くらい利用していたと思います。

 

なぜ利用したかというと、単純に英会話のスピーキング力を向上させるためにオンライン英会話サービスを探していたのですが、そこで出てきたオンライン英会話のサービスの一つがレアジョブでした。

 

厳密には初めはDMM英会話を利用していたのですが、半年くらい利用していたところサービス料金が値上げしてしまい、自分の懐事情では厳しくなってしまったため、当時DMM英会話よりも料金が安かったレアジョブに移行したというような流れです。

 

DMM英会話はホームページのデザインとか、割と若者向けな感じがしてあれはあれで好きだったんですが、料金の値上げには耐えられませんでした(何分ケチなもので(笑))。

 

というわけでレアジョブ英会話を始めました。

 



 

レアジョブ英会話を利用した感想

 

最初に結論から言ってしまうと、レアジョブ英会話はとても良かったです。

 

というのも、上述の通り、簡単に英会話を行う機会を作れるうえに、料金も手ごろで、気軽に継続が出来たからです。

 

もちろんこのレアジョブ英会話を一日25分やったからといってペラペラになるかというと決してそうではないですが、少なくとも始める前よりは英会話に対する自信を持てましたし、かなり流暢さが向上しました。

 

 

ちなみにレアジョブ英会話ではいろいろなコースがあり、私はビジネス英会話コースを選択していました。

 

 

このコースでは通常コースと同様にフリートークや英文記事をもとに議論を行うコースに加え、ビジネスシーンで使えるフレーズなどを学べるコースでした。

 

ビジネス英会話コースならではの良さもありましたし、通常のフリートークでも明るい先生が多いので、とても楽しかったです。

 

 

スポンサーリンク

レアジョブ英会話を始める上での懸念

 

レアジョブ英会話のようなオンライン英会話のサービスで皆さんが懸念されることの一つは、ズバリ「講師がほぼフィリピン人である」ということではないでしょうか。

 

かくいう私もその懸念はありました。

 

もちろんフィリピン人の方を下に見ているとか、そんなことは全くありません。

 

しかしながら当然第二言語として英語を学ぶ身としては、できたらネイティブの先生に教えて欲しいし、その方がベターだと思っていました。

 

ところがその懸念は全く意味がありませんでした。

 

というのも、実際にやってみるとわかると思いますが、こんな心配をするのが馬鹿馬鹿しいほど、フィリピン人の方の英語は素晴らしいです

 

これは聞いた話ですが、フィリピンのような国って、人件費が安いとかいろいろな理由で、アメリカ企業など欧米諸国の企業のコールセンターになっているらしいんですよ。

 

そこの研修でしっかりアメリカ発音や会話については鍛えられているので、特にコールセンターの経験があったような講師の先生は、非常にレベルが高いです。

 

これは英語を第二言語として学ぶ者の意見ですが、おそらく我々のような日本人が英語を学ぶ際には、ネイティブよりも、同じように第二言語として英語を学んできた人から英語を教わる方が良いのではないかと思います。

 

というのも、同じように英語を第二言語として学んできた者同士(フィリピンの母語はタガログ語)、どこでつまずくかとか、第二言語を学ぶことの難しさ、辛さなどを理解している人の方が、私もやりやすかったんですよね。

 

ネイティブの人が相手だと、どうしても彼らの土壌で話すことになるので、「話せない自分をバカにしてるかな?」なんていらぬ心配をしたり、余計な感情が生まれてしまう気がします(私だけですかね笑)。

 

というわけで、フィリピン人講師であることは心配する必要は全くありません。

 

さらに言えば、その中でもレアジョブ英会話の先生はかなり選別されており、質の高い講師が多かったように感じます。

 

当然自分と合うかどうかの要素は人それぞれですが、何度か受講していればこの先生が合うとか、この人は合わないとかわかってきますので、やっていくうちに自分に合う先生を見つけていけば快適なオンライン英会話ライフを続けることが出来ます。笑

 

スポンサーリンク

まずはやってみよう!無料体験からスタートできます

 

というわけでいろいろ書いてきましたが、まずはやってみるのが一番早いです。笑

 

幸いにもレアジョブ英会話には無料体験コースがありますので、ここで体験してみて、実際に講師の先生と英会話をしてみるのが良いと思います。

レアジョブ英会話


思い立ったが吉日です。英会話はやればやるほど伸びますから、一緒に頑張りましょう!!

 

純ジャパの私がTOEIC900取得するまでにやった勉強方法・参考書

 

 純ジャパの私がTOEIC900取得するまでにやった勉強方法・参考書

この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーが海外駐在を目指すブログ。米国株への投資による経済的自由(FIRE)も目指している。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はむの資産形成日記 , 2021 All Rights Reserved.