米国株式投資によるセミリタイアを目指すブログ。たまに英語。

本当のバリュー投資とはファイナンス理論をもとにした投資だと思う①

 
この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手のため、英語スピーキング力を上げるために奮闘中。一方で、米国株への投資による経済的自由(FIRE)を目指している。

 

私は自分でグロース株投資家だと思っているわけですが、オニールとかミネルヴィニみたいな、ハンターみたいなトレードをしているわけではなく、ただ株価が右肩上がりの決算が良い銘柄を、決算が良い限り保有しているというだけです。

 

こういうやり方にしてから大きな負けはしなくなったわけですけど、ここらで一段階成長したいな~なんて思ってます。

 

で、どうしようかと考えたわけなんですが、できたらあんまり株価を気にせず、かつ、せっかく金融機関に勤めているわけですから、そのメリットを生かしたような投資手法を身につけたいなあと思っています。

 

目指す方向は真のバリュー投資家

 

 

じゃあどうするかということで考えていると、柳下裕紀さんというプロの投資家を発見しました。

 

この方が提唱されているのが「真のバリュー投資」です。


ここで言う真のバリュー投資の定義は、

「真の価値と支払う価格の乖離=差異によって儲ける投資」

であり、かつ、

「時間を味方に付ける投資」

となります。

 

基本的な投資本にあるようなPERやPBRは全く用いず、ファイナンス理論に則って、徹底的な経営者目線で投資する銘柄を選定していきます。

 

 

ファイナンス理論に則った投資とは何か

 

この「ファイナンス理論に則った投資」というのは実は私の解釈です。笑

 

なぜ「真のバリュー投資」がファイナンス理論に則った投資と感じたかを一言で言うと、

 

真のバリュー投資は会計上の利益(PER、PBR)ではなく、将来キャッシュフローの予測を基に投資判断を行う手法であるからです。

 

一般的なバリュー投資

 

教科書的なバリュー投資って、「PERやPBRを見て割安に放置されている株を買って、上がるのを待つ」という投資手法だと思います。

 

対照的にされるのはPERが高くても上昇に乗っかる手法のグロース株投資とされていますよね。

 

私も初めて個別株投資(日本株)やった時って、業績が良いのにPERが低くて、10万円以下で買える株を探して買った記憶があります。

 

で、結果はどうだったかというと、その株は30%くらいの損切をしました(最初で一番大きな損切りを経験)。

 

こりゃ上手くいかんなと思い、そこから米国高配当投資をしたところ全然お金が増えず、やっとグロースに行きついたというのが今までの経緯です。笑

 

真のバリュー投資

 

じゃあ真のバリュー投資は何かってことで、先述した通り(私の解釈では)将来キャッシュフローの予測を基に投資判断を行う手法です。

そして、投資するに値する銘柄を長期的に保有し、企業の継続的な価値創造に伴う複利効果を享受し続けるという投資です。

 

具体的には、

 

  1. CF計算書の数字やROICをチェックし、
  2. その過程で企業の将来にわたる価値創出能力を確認し、
  3. DCF法により実際の企業価値を算出する※1
  4. 投資するに値する判断が出来れば、5~10年のタームを前提に保有して複利効果を享受する※2

※1…企業価値は将来CFの現在価値の合計に等しいとされる価値算出方法

※2…価値創出能力を確認できる限り持ち続ける(決して脳死ではない)

という流れです。

 

結構手間もかかるし成功したかどうかの判断が付くまで時間がかかるというのが大きなデメリットになります。

 

しかしながら、柳下さんの運営するファンドのリターンを確認すると、極めて優れたリターンを出しているので、こりゃやっぱりやってみる価値はあるな、と感じているわけです。

 

日本株ファンド:4,048.76%(2010年10月設定来パフォーマンス)

米国株ファンド:953.32%(2014年6月設定来パフォーマンス)

参照:Aurea Lotus HP

→いや、半端なさすぎる、、

 

示唆的なのは、設定してからの期間が長い日本株ファンドの方が、複利効果により高いパフォーマンスを出していることですよね。

そしてそのパフォーマンスも、インデックスファンドなんて相手にもならないっていうのが夢もありますし。笑

 

しばらく勉強したいと思います

 

ROIC使って企業分析したりDCF使って企業価値算出したりするのって、実は私の本業にもとても役立つんですよね。

 

今ちょうど仕事の方でスタートアップ企業への出資検討やってて、デューデリジェンスをやる過程で、DCFでの企業価値算出とかも行っているので、すごく親和性のある勉強なんですよ。

 

というわけでアウトプットついでにブログに残していきたいと思うので、ご意見とかあればご指導よろしくお願いします。

 

それでは。

 

 

Betmob|投資家ブログまとめメディア




この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手のため、英語スピーキング力を上げるために奮闘中。一方で、米国株への投資による経済的自由(FIRE)を目指している。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はむのFIREムーブメント , 2020 All Rights Reserved.