米国株式投資によるセミリタイアを目指すブログ。たまに英語。

【広瀬隆雄】じっちゃまの強調する「決算」がどれくらいリターンに影響があったか検証してみた

2020/07/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手のため、英語スピーキング力を上げるために奮闘中。一方で、米国株への投資による経済的自由(FIRE)を目指している。

広瀬さんの強調する「決算」の重要性

 

どうもこんにちは。

 

最近よくじっちゃま(広瀬隆雄さん)のYouTubeライブを聞いてるんですが、

 

毎回聞くたびに、やはり広瀬さんの考える銘柄選びのポイントは

 

「決算が良い銘柄を買え」

 

の一言に尽きると思います。

 

とにかく決算、決算と繰り返してその重要性を語っています。

 

広瀬さんのコメントのポイントを羅列すると、

 

 

銘柄の良し悪しの判断は決算が全て。これは広瀬さんの考えではなく、ウォール街の考え。

 

良い決算とは、
①売上
②EPS
③ガイダンス
の3つがコンセンサスを上回ること。

 

プロの投資家、機関投資家は決算に最も注目しており、決算発表後は会社の発表値が本当にコンセンサスを上回っているか?という精査を時間をかけて行う(たぶん特別利益とか一過性の利益を取り除いた上でのEPSを確認するという意図かと)。

 

最終的に決算が良いという判断ができれば、そこから機関投資家の買いが入る。

機関投資家の買いは単純に数量が多いから、決算発表当日の株価に反映されることは少ない。そのため、決算発表当日に必ず株価が跳ねるとは限らない。

 

短期的に株価の上下は合っても、長期的には決算の良い株の株価が上がる。

 

良い決算が出て、「好材料出尽くし」と思って売るのは個人投資家(素人)。

 

買うタイミングは常に新値。新値を更新した銘柄はその瞬間に「新たな評価」が生まれる(=好材料出尽くしでは決してない)。

 

米国株は常に割高でしか買えないと考えた方が良い。PERやPBRの指標はあまり役に立たない。

 

何回も強調されてるのはこんなところですかね。

 

 

こうやってあらためて見ると、やはりシンプルに、

 

「本当に決算だけ見てればいいのか?」

 

って思いますよね。そんなシンプルなら誰でも儲かるし。

 

言うとおりに売買するならば、

 

決算発表を確認して、決算が良いことを確認したら買い付けて(新値更新してる銘柄)、四半期ごとに決算を確認して、決算が良ければ持ち続けるか買い増しして、決算が悪ければ売却するということですからね。

 

そんな単純か??

 

と正直思います。

 

これでリターン良いならこれだけやってりゃいいや。となりますよね。

 

スポンサーリンク

自分の保有銘柄はどうか?

 

さて、私はここ一年くらいポートフォリオが主力3銘柄でほとんど変わらなかったので、その各銘柄の決算、リターンはどのように関係があったか、確認してみたいと思います。

 

 

そもそもサンプル数が少ないし、保有した期間も1年程度ですから、あくまで参考程度です。

 

 

対象となる銘柄は、

 

MSFT

V

SBUX

 

の3つです。

 

まずMSFT。4回決算発表を見ましたが、

 

19/6 〇

19/9 〇

19/12 〇

20/3 〇

 

全部良かったです。

 

次にV。

 

19/6 〇

19/9 〇

19/12 ×

20/3 〇

 

1回ミスりました。

 

最後にSBUX。

 

19/6 〇

19/9 △(EPSがガイダンスと一致)

19/12 ×(売上未達)

20/3 ×(EPS未達)

 

そこそこミスりました。

 

4つ並べるとこんな感じです。

 

決算期 MSFT V SBUX
19/6
19/9
19/12 × ×
20/3  〇 ×

 

さて、肝心のリターンはどうでしょうか。

 

Portfolio Visualizerで確認してみると、

 

Portfolio1(青)がMSFT、

Portfolio2(赤)がV、

Portfolio3(黄)がSBUXなんですが、

 

見事に決算が良かった銘柄ほどリターンが良いです。

 

何度も繰り返しますが、これはあくまで私が1年間くらい保有した3銘柄を並べてリターンを比較してみただけで、これが必ずしも真実ではありません。

 

違う銘柄を選択していれば結果は変わったかもしれませんし、あくまで私の経験によるものです。

 

ただ、自分の経験則としてこのように「決算の良い銘柄の方がリターンが良かった」という事実を確認できたので、決算の重要性は改めて認識することが出来ました。

 

しばらくはこのような考えで株式投資を進めていきたいと考えていますが、もちろんより良い方法があればその方法にシフトしていきたいと思います。

 

特に買付タイミングについては、オニール等の名著がありますから、もう少し勉強したいと思います。

 

それでは。

 

【広瀬 隆雄】MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法~米国株のみならず投資家が読むべき一冊~

 

Betmob|投資家ブログまとめメディア


 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手のため、英語スピーキング力を上げるために奮闘中。一方で、米国株への投資による経済的自由(FIRE)を目指している。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はむのFIREムーブメント , 2020 All Rights Reserved.