米国株式投資によるセミリタイアを目指すブログ。たまに英語。

金融相場において総資産が少ない20代の分散投資は適切か

 
この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手のため、英語スピーキング力を上げるために奮闘中。一方で、米国株への投資による経済的自由(FIRE)を目指している。

 

総資産が少ない20代投資家のうちに、分散投資を行うことは適切なのでしょうか?

 

ふとそんなことを考えました。

 

リターンのことだけ考えれば答えはNoです。

 

一方で、精神的な負担を考えれば、逆に集中投資はNGです。

 

結局は自身のリスク許容度との兼ね合いになるわけですが、状況によっては集中投資すべきではないか?と思っています。

 

相場の状況はどうか?

 

自分の中で集中投資を正当化するためには、理由が必要です。

 

株価が上昇する蓋然性が高ければ集中投資を行っていいかな、と考えています。

 

 

さて、現在の相場を見てみると、2010年代に続いた強気相場は3月の下落で一旦終焉し(高値から20%下落)、再び最高値をつけて再び強気相場に入ったと言えます(安値から20%上昇)。

 

一般的に20%の上下で強気相場か弱気相場かが判断されるということに対しての異論はさておき、

現在はまた新しい強気相場が始まったと判断して良いのではないかと考えています。

 

理由は世界の中央銀行が一斉に金融緩和を行っているためです。

 

コロナ相場以前、FRBはリーマンショックへの対応でゼロ金利にしたFFレートを、いかに経済に影響がない形で利上げをするかを考え、実際に少しづつ利上げを行ってきたわけです。言うならば、「金利上昇局面」であったわけです。

 

 

それでもって現在の金融政策はどうかというと、FFレートの目標金利は0~0.25%だし、量的緩和はどんどんやってるし、国債どころか社債も買ってくれるしで、緩和マネーはじゃぶじゃぶというわけです。いわゆる金融相場ですね。

 

「そうはいっても実態経済が伴ってないじゃないか」という声はごもっともですが、

 

リーマンショックの時もS&P500が2009年2月の安値をつけてから2013年3月に再び高値を付けたときも、失業率はまだまだ高いままでしたし、金融緩和で株価が上昇していく局面では、そのような実態経済との乖離は起こり得るものです。

 

S&P500チャート

 

以下に2013年3月の記事を貼っておきます。まだようやく失業率が改善してきたくらいの時期ですが、株価は上昇しています。

 

米失業率、7.7%に改善 雇用大幅増

https://www.afpbb.com/articles/-/2933010

 

こうした事実を考えると、私は今の相場が不思議な上昇であるとは考えていません。

 

じゃあ次に利上げ局面になるのはいつか?

 

と考えても、まだまだ企業業績の悪化は避けられませんから、FRBが利上げに転じるのはまだまだ先である可能性が高いです。

 

となると、金融政策の面からは相場にとって良い局面が続きそうです。

 

 

では次に個別株であればどんな銘柄を選択して集中投資を行うべきか?という点ですが、

 

今はわりとわかりやすい相場ではないかと思っています。

 

というのも、今上昇をけん引しているのは明確に、

 

いわゆるStay at home系の銘柄であるハイテク・クラウド銘柄や、巣ごもり系の銘柄というわけです。

 

まあこのトレンドがいつまで続くかはわかりませんが、第二波の懸念もある中、まだまだこのトレンドは続くのではないか?と私は踏んでいます。

 

株価 値下がり アメリカで第2波の懸念強まり

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200625/k10012483781000.html

 

スポンサーリンク

自分のポートフォリオ

 

それで自分の今のポートフォリオは、今度ちゃんと残しておこうと思いますが、実はけっこう分散しちゃってるんですよね。

 

コロナ相場になって資金が集まる場所がわかってきて、いろいろ振り分けた結果、もともと個別株が3銘柄だったところが、気付いたら9銘柄に分散してしまっています。

 

これに気付いたことが今回の記事を書くに至ったわけですが、今回いろいろ振り分けた結果、パーセンテージで見るとそれぞれの銘柄は非常に素晴らしいです。

 

でも分散しすぎて、全然お金増えてないです。笑笑

 

 

100万円の20%は20万円ですが、1万円の20%は2万円なんですよ。

 

結局株式投資はシンプルにボリュームの世界だというのは以前も書いたところではありますが、

 

これくらいはっきりしている相場ならば、もっと集中投資していてもよかったかもしれないですね。

 

自分のリスク許容度は高い方だと考えていますので、もう少し集中投資しないといけないと思っています。

 

せめて5銘柄くらいには絞りたいところです。

 

理想は3銘柄です。(ちょっときつそう)

 

 

というわけで、集中投資を行う上でそこそこ自分の納得感は出てきたので、早いうちに銘柄を絞り、ボーナス資金も含めて集中投資に向かっていこうかな、と思います。

 

それでは。

 

結局20代の投資に最も重要なのは高配当投資でもグロース投資でもなく入金力

 

Betmob|投資家ブログまとめメディア


 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手のため、英語スピーキング力を上げるために奮闘中。一方で、米国株への投資による経済的自由(FIRE)を目指している。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はむのFIREムーブメント , 2020 All Rights Reserved.