米国株式投資によるセミリタイアを目指すブログ。たまに英語。

【コロナウイルス相場】まだまだ下落は続きそうですね

 
コロナウイルス
この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手のため、英語スピーキング力を上げるために奮闘中。一方で、米国株への投資による経済的自由(FIRE)を目指している。

最近正直あまり株価を見ていません

 

コロナ相場なのか知りませんが下落相場が続いています。

 

ずっと高値圏にあった株価の調整に対する理由付けのために何かとコロナが良いように使われている印象もありますが、

ここまで経済活動に影響を与えているのであれば、業績にも間違いなくインパクトを与えるし、これからが本当のコロナ相場といえそうです。

 

前回書いたように今回の相場で、特に私は何もしていません。

 

ここまで全体がボラティリティの激しい状態になると、正直言って現金化しても持ち続けても何が正解なのか、私は短期的には判断できないです。

 

問題はただ一つ、「ポジションを持つことで自分がどれくらいストレスを感じるか」に尽きるのではないかと思います。

 

私はまだ含み益があるというのもありますが、多くの人がインデックス連動型のETFに切り替えている(=アメリカ株自体には信用を置いている)理由と同様に、基本的にアメリカ株に対する信頼は揺らいでいません。

 

VOOやVTIのETFは買えるというのは、アメリカ株自体には信頼、信用を置いているということですよね?

 

指数は今後時間が経てば株価はもとに戻るだろうという考えを皆さんお持ちでいるからETFに切り替えるという選択を取るのだと思います。

 

それでは、その株価回復の牽引役はどんな企業だと考えているのでしょう?

 

私はその観点に立つと、結局マイクロソフトやアップル、ビザ、マスターカードみたいな企業になるのではないのかなあとまだ考えています。

 

だから特に積極的に動かずホールドを続けているという感じです。

 

ただ、こういう行動になるのはやはりまだ資産額が鼻くそみたいな金額だからだと思います。

 

資産額によって戦略は変わりますし、色々な方の今回の相場に対する行動を拝見するのは非常に興味深いです。

 

ですのでできればTwitterも見ていたいし発信も続けていきたいのですが、ちょっと皆さんピリピリしている感じがして何だかタイムラインを見ているのがしんどい時もあるので、今は意図的に距離を置いています。笑

 

ここまでボラティリティが高いのは投資人生で初めてのことですから、自分もそうですが全体的に個人投資家の意見が分かれやすく、なおさら攻撃的になっている印象です。

 

そこで気分を害するのも良くないので、とりあえずあまり他人の意見や行動は気にすることなく、答え合わせは先だと思って投資を続けていこうと思います。

 

それでは。

この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手のため、英語スピーキング力を上げるために奮闘中。一方で、米国株への投資による経済的自由(FIRE)を目指している。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はむのFIREムーブメント , 2020 All Rights Reserved.