米国株式投資によるセミリタイアを目指すブログ。たまに英語。

結局20代の投資に最も重要なのは高配当投資でもグロース投資でもなく入金力

 
この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手のため、英語スピーキング力を上げるために奮闘中。一方で、米国株への投資による経済的自由(FIRE)を目指している。

グロース株投資vs高配当株投資の図式はあるが、結局入金力ではないのか??

 

私はTwitterで同世代の投資家さんたちをフォローさせて頂き、彼らの資産額を参考にさせて頂いている一面があります。

 

まあ「あの人の資産同い年なのにすごいな~」となるのが大半ですが。笑

 

米国株投資を始めてから約1年が経ちますが、結局入金力の高いフォロワーさんが資産を大きく伸ばしていて、当初は自分と同じくらいの資産額であったはずの方が物凄く資産が増えていたり、自分より遅く投資を始めた方でも、「このペースでいくと半年後には資産額抜かれてんなあ」なんて思う方もたくさんいます。

 

そういった方は総じて入金力が高く、投資手法が自分と大きく異なるとか、そういったことは見受けられません。

 

そのため、結局若い20代、かつ総資産が少ないうちは、投資手法より結局入金力なのではないかと考えています。

 

 

そもそも私は2017年から積み立て投資(投資信託)を始め、その後日本個別株、さらには2018年末から米国株投資を始めました。

 

当初は高配当株式投資でしたが、現在はグロース株投資に方向転換しています。

 

今はこの手法が自分に合っているので、しばらくはこの方法を取りたいと思っています。

 

高配当株か、グロース株か~いろいろな投資手法~

 

自分でもこの1年間、いろいろなブロガーさんの記事を読んでは、高配当株投資とグロース株投資はどっちが正解なんだろうかと頭を悩ませる日々が続いていました。

 

たくさんの方がこの「高配当株式投資vsグロース株投資」について記事を書かれているように、投資家界隈でもこの論争は長く続くホットな話題であることに違いはないかと思います。

 

手法も重要だが、20代のうちはあまり気にしても仕方ないのか??

 

私は現在、グロース株投資の方が20代投資家のような資産形成期の投資家にとっては効率が良いと考え、グロース株投資かつ集中投資の手法を取っています。

 

ただしこの1年間の同世代投資家の皆様の総資産推移を拝見していると、

 

投資手法がどっちだろうが結局総資産が増えるスピードが速いのは入金力が高い人やん

 

という感想を抱かざるを得ないです。笑

 

自分は何とか、月に積み立て投資の4万円+個別株投資の10万円を捻出しているような状況ですが、他のブロガーさんを見ていると、平気で20万とか30万とか買っている人がいて、

 

「ん??本当に同世代だよな??あれ??」

 

とかなることが多くて、年末の皆さんの総資産の状況とか見ていると、

 

「ん~気付いたら差ついたなあ」とか「これもーちょいで追い付かれるペースやん」とか逡巡してしまう自分がいます。

 

そのため、20代投資家(20代に限らないかもしれないが)に重要なのは、結局どれだけ元本に投下できるかという一点になるのではないかと思います。

 

私は高配当株式よりグロース株投資の方が効率的であるという立場は崩しませんが、入金力にはすべてが及びません。

 

本末転倒ですが、結局そういうことだと思います。笑

 

じゃあどうするか

 

給与収入はそうすぐに跳ね上がるものではないので、給与が上がることに希望をかけるのも難しいかと思っています。

 

さらに言えば節約も固定費については出来ることは削減しましたし、これ以上QOLを下げてまで節約をするのはちょっと違うかな、と思っています。

 

株式を購入するために四苦八苦する人生を送りたいとは思っていません。

 

投資家という人生を歩み始めた時点である程度は仕方ないとは思いますが、

 

ボトムラインを捻出するような生き方よりは、トップラインを高めるように行動する必要があるのではないかな、と思っています。

 

具体的には、今以上の節約により投資資金を捻出するのではなく、副収入によりそもそも使える金額を増加させ、結果的に投資資金が増えるという形に持っていくことが重要ではないかと思います。

 

じゃあどうやってトップラインを高めるかという問題が残りますが、ここについてはやはり副業になるのかな~と思っています。

 

もちろん本業に支障のない範囲で、かつ自分が楽しめるようなものを今年で見つけられれば最高ですね。

 

【和製バフェット】20代の投資は高配当株に行うべきではない!?

この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーながらスピーキングが苦手のため、英語スピーキング力を上げるために奮闘中。一方で、米国株への投資による経済的自由(FIRE)を目指している。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はむのFIREムーブメント , 2020 All Rights Reserved.