米国株式投資による経済的自立を目指すブログ。たまに英語。

資産を持つか持たないかで恐ろしいくらい格差広がるんだな【映画パラサイトを見て】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーが海外駐在を目指すブログ。米国株への投資による経済的自由(FIRE)も目指している。

 

金曜ロードショーで映画「パラサイト」を見ました。

 

たぶん韓国映画を見たのはこれが初めてだしたまたまテレビでやっていただけなんですが、人間の怖さをとても感じながらも続きが気になり、結局最後まで見てしまいました。

 

私には韓国人の友達がいるので韓国国内の競争主義、格差はある程度認識していましたが、(やや誇張されているとは思うが)いざ映像で見ると心を揺さぶられるものがありました。

 

 

資本主義社会での格差は一度開くとまず追い付かない??

 

(パラサイトを見ていない方でこれから見る予定がある方がいると困るのでネタバレにならないように書きますが、これから見たい方はみない方がいいかもです笑)

 

映画「パラサイト」では半地下住宅で生活する貧乏家族と、地上の豪邸で住むIT企業の社長一家が対照的に描かれるわけですが、貧乏家族が社長一家に「寄生(パラサイト)」することで一時的に生活が良化しますが、結果的には破滅していきます。

 

映画のところどころで描写される貧乏家族と社長一家の相反する生活スタイルや家族像、雨が降った際に壊滅的なダメージを受ける半地下住宅とむしろ雨を喜ぶ社長一家の妻など、悲しいくらいに2つの家族が対照的に描かれています。

 

 

途中までは貧乏家族が上手いこと頭を使って寄生に成功するわけですが、結局ハッピーエンドになることはなく、上手くいきそうになった際にも貧乏と成功者を分ける「体に染みついた匂い」は決して逆転することのない格差の象徴として暗示されています。

 

一度広がった格差は二度と戻らないのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

コロナ禍で浮き上がった格差の実態

 

日本がここまで格差があるか?と言われると、自分の生活範囲では感じていませんが、私は幸運なだけで、おそらく目に届かないところで格差は起こっているのだと思います。

 

なによりも2020年に大きな衝撃を与えたコロナウイルスにより、世界的に資産を持つ者と持たない者との格差が浮き彫りになったと思います。

 

 

コロナにより減給したり、職や家を失う人はたくさん増えました。

私の友人にもコロナのせいで給料が減ったり、転職を余儀なくされた人が少なからずいます。

コロナ解雇8万人超え 飲食業中心に失業増も

 

 

その一方で、金融緩和により株式市場は過去最高値を更新し、株式という資産を持つ人々の資産はさらに拡大していきました。

もちろん私も株式投資をする一人としてその恩恵を受けているわけですが、正直心の中では違和感を感じずにはいられないです。

 

株、海外指数も軒並み高値更新 日経平均2万8000円台

 

 

とはいえ、資産を持つか持たないかで、格差がどんどん広がっていることが悲しいことに現実ではあります。

 

株式投資を知ることが出来たことにありがたみを感じたいと思います。

 

それでは。

Betmob|投資家ブログまとめメディア




 

 

米国で広がる「FIREムーブメント」とは何か~経済的自由への4%ルール~

この記事を書いている人 - WRITER -
TOEIC900点ホルダーが海外駐在を目指すブログ。米国株への投資による経済的自由(FIRE)も目指している。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はむの資産形成日記 , 2021 All Rights Reserved.